乾燥肌を改善するには、生活習慣を見直すことが大切です。

今の生活習慣が原因となって、乾燥肌になってしまっている場合もあります。

肌の潤いを守る生活習慣にして、乾燥肌とサヨナラしましょう。

乾燥肌にならない生活習慣についてご紹介します。

★肌の潤いを失わないようにする

肌の潤いを奪ってしまう大きな原因が、乾燥した空気。

湿度が低いと、肌の水分が失われて乾燥してしまいます。

加湿器などを使って、湿度を調整するのがオススメです。

美肌に最適な湿度は、60%前後だと言われています。

汗をかいた時の処理も大切です。

汗をかいたままにしていると、汗が乾燥する時に肌の水分まで奪ってしまうんです。

汗をかいたら、できるだけ早く拭き取るようにしましょう。

入浴方法によっても、肌の水分を奪ってしまいます。

入浴は、38℃~40℃程度のお湯に、15分程浸かるのがオススメです。

★肌のバリア機能を低下させないようにする

肌の乾燥を防ぐためには、肌のバリア機能を高めることが大切です。

肌への刺激が、肌のバリア機能を低下させる原因となってしまうことがあります。

衣類や寝具など肌に触れるものは、吸湿性が高く、肌にダメージを与えない天然素材がオススメです。

紫外線も刺激となってしまうので、紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。

日焼け止めを使用することで肌が乾燥してしまうこともあるので、刺激が少なく保湿効果の高いものを選ぶようにしてください。

洗い流すのに強い洗浄力を必要とする日焼け止めは、洗う時に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

日焼け止めは、できるだけ簡単に洗い流せるものがオススメです。

ベビーやキッズ用の日焼け止めは、石鹸で楽に洗い落せるものが揃っています。

不用意に髪や手が触れないようにすることも大切です。

★肌のターンオーバーを乱さないようにする

古い皮膚のままだと肌が乾燥してしまうため、肌のターンオーバーを促して新しい皮膚へと生まれ変わりましょう。

肌のターンオーバーを整えるには、規則正しい生活をして健康な体と肌を目指すことが大切です。

中でも、質の高い睡眠をとることが効果的。

美肌になるために一番大切なのが、寝付いてからの3時間だと言われています。

この時間にぐっすりと眠ることで、美肌に効果的な成長ホルモンを多く得ることができるんです。

室内環境を整えたり、就寝前の過ごし方などを工夫したりして、入眠後に深い眠りをとれるようにしましょう。

ストレスも肌のターンオーバーを乱す原因となってしまうので、ストレス解消を心がけるようにしてください。

生活習慣を見直すことで、肌の乾燥を防いで美肌に近づくことができますよ。