年齢とともに気になってくるのが、バストの垂れ具合。

特に授乳を経験した方ほど、悩んでいることが多いようです。

女性の象徴とも言えるバストが、垂れて形を変えていくのは悲しいことですね。

バストが下がる、大きな原因3つについてご紹介します。

★バストサイズが変化することによって垂れる

バストが垂れてしまう原因の一つに、バストサイズの変化があります。

太ってバストが大きくなると、それに伴ってバストの皮膚も伸びます。

次にダイエットなどをしてバストが小さくなると、伸びた皮膚が元に戻らず、バストが垂れてしまうんです。

妊娠や授乳によって垂れてしまうのも、同じ理由から。

妊娠すると、ホルモンや母乳の影響でバストが大きくなります。

その後授乳を止めるとバストが元のサイズに戻ってしまうので、伸びた皮膚が残ってしまいます。

年齢とともに、皮膚のハリと弾力が失われることも影響しています。

★バストにあるクーパー靭帯が伸びることで垂れる

バストには、クーパー靭帯という組織があります。

クーパー靭帯は網の目のようになっていて、大胸筋、乳腺、脂肪などをつなぎ合わせています。

バストが垂れないように支えられているのは、このクーパー靭帯のおかげ。

クーパー靭帯が伸びてしまうと、バストにある組織を支えられなくなり、バストが垂れてしまうんです。

クーパー靭帯が伸びてしまう原因には、バストへの刺激があげられます。

ランニングなどバストが揺れるようなスポーツを長期間すると、その刺激によってクーパー靭帯が伸びてしまうことがあります。

バストが大きい方は要注意。

きちんと下着などでバストを支えるようにしないと、バストの重みによってクーパー靭帯が伸びてしまうことがあるんです。

一度伸びてしまったクーパー靭帯は、元に戻らないと言われています。

★胸の筋肉の低下によって垂れる

バストの下にある大胸筋が衰えることでも、バストは垂れてしまいます。

大胸筋は皮膚の下にあり、上にあるバストを支えています。

そのため大胸筋が衰えてしまうと、しっかりとバストを支えられなくなってしまい、バストが垂れてしまうんです。

大胸筋が衰える原因には、運動不足があります。

大胸筋は、使わないと衰えていってしまいます。

普段の姿勢も影響します。

猫背だったり、うつむいた姿勢ばかりしていたりすると、背中が丸くなってバストが垂れてしまいますよ。

バストの垂れを防ぐには、これらの原因となるものを改善することが効果的です。