カロリーを制限する時には、空腹に耐えなければいけない時もあります。

空腹に負けて食べてしまい、ダイエットに挫折してしまうことも多いよう。

空腹が気にならないようにできたら、もっと楽にダイエットできると思いませんか?

空腹を紛らわせることのできる過ごし方についてご紹介します。

★食べられない環境をつくる

空腹を我慢するのに効果的なのが、食べられない環境をつくること。

食べられない状況であれば、空腹を我慢するしかなくなります。

手軽にできて実践している方も多いのが、寝てしまうというもの。

睡眠中に食べることはできません。

睡眠は基礎代謝も消費するので、上手に睡眠を活用することで、ダイエットの手助けになってくれます。

空腹を感じたら、入浴して紛らわせる方法もあります。

グレープフルーツの香りには食欲を抑えてくれる作用があるため、入浴剤として使用するのもオススメ。

電話中には食べられないため、誰かに電話するという方法もオススメです。

話の盛り上がる友人や好きな相手なら、話に集中して空腹を忘れられそうですね。

★夢中になれることをする

空腹を忘れるくらい、夢中になれることをするのもオススメです。

自分の趣味や好きなことなど、熱中できるものを選ぶようにしましょう。

散歩を兼ねたウォーキングなどをして、気分転換をする方法もあります。

満腹の状態よりも空腹の状態の方が、集中できると言われています。

集中力が必要なことは、少しお腹が空いた状態でやると効率が良くなります。

お腹が空いた時に考えたいことややりたいことを、チェックして準備しておきましょう。

★どうしても我慢できない時にはカロリーが低いものを摂る

どうしても空腹が我慢できない時には、カロリーが低いものをお腹に入れるのもオススメです。

空腹が我慢できない時に、水を飲む方が多いようです。

水はカロリーがゼロなので、気兼ねなく飲むことができます。

水を炭酸水に代えると炭酸が胃で膨らむため、より空腹をごまかすことができますよ。

カロリーゼロのゼリー、低カロリーのダイエットクッキーなどを、常備しておくと便利です。

空腹に負けてカロリーの高いものを食べるくらいなら、カロリーの低い間食を上手に取入れる方が1日のカロリーを抑えられるようになります。

ダイエットをする時には、全体のカロリーをチェックして、やり過ぎないように注意してください。

程よくカロリーを抑えて、美しくきれいにダイエットをしてくださいね。