夜の闇の中に舞う蛍の黄色い光は、初夏の風物詩です。
蒸し暑くなってきた時期の夜も、蛍の美しく儚げな光が清涼剤となりとてもステキな夜を過ごすことができます。
ひと昔前までは急激な都市化に伴う環境の悪化などが原因で蛍の生息地でも蛍が見られなくなってしまう事がありましたが、近年は蛍が舞う事ができる環境を取り戻そうという動きのおかげで、関東でも蛍の光が鑑賞できるような所が増えてきました。
だんだんと身近なレジャーに戻りつつあるホタル狩りを楽しめるコツをお教えします。

 

スポンサードリンク



蛍の光が舞う時期は?

夜の闇に蛍の光がを鑑賞できる、ホタル狩りに適した時期は地域によってもかなりの違いがあります。
早い所だと5月の後半からホタル狩りができ、北部や標高の高い所では7月頃に最盛期を迎えます。
関東ではだいたい6月頃から見られるところが多いようです。

蛍が光を放ちながら飛ぶのは求愛行動からですので、時期だけでなく気象などにも大きく左右されます。
風が強い日や雨の日は蛍が草陰に隠れてしまうので蛍の光が舞う光景は期待できません。
気温が20度を超えないと、ホタル狩りは難しいとも言われていますので、蛍を鑑賞するには時期だけでなくその日の天候も重要になってきます。
雨が降らず風もなく、ムシムシするような湿度の高い日の、夜8時から9時ごろが最も蛍が飛びやすいです。
月明かりがなく空が曇っている日のほうがホタル狩りには適しています。

蛍の種類によっても時期が違うの?

蛍が成虫となってからの寿命はとても短く、一週間から二週間ほどです。
その短い時期の中でしかホタル狩りはできません。
蛍の種類よっても時期は異なってきます。
日本でよく鑑賞される蛍に、ゲンジホタルとヘイケホタルがいます。
ゲンジホタルは早めの5月から7月、ヘイケホタルは遅めの6月から8月頃といわれています。
どちらの蛍も川や田んぼなど流水のあるところで見られます。
ゲンジホタルの時期がきて終わってからヘイケホタルの時期が来ます。
蛍の種類によって発光パターンが違いますので、光り方の違いも観察してみると面白いです。

水辺でないところにも生息する蛍もいます

先にお話したゲンジホタルとヘイケホタル程有名ではないのですが、ヒメボタルという種類の蛍がいます。
ヒメボタルの幼虫は、ゲンジホタルやヘイケホタルと違って陸上に住んでいます。
カタツムリの仲間を食べるので、水が全くないところにも生息しています。
5月から6月の短期間のうちに、林の中などで見られる蛍の一種です。

ホタル狩りに行くさいには

ホタル狩りのさいには、自然に繁殖した蛍のありのままの美しい姿を楽しみましょう。
夜の闇の中に光る姿を鑑賞してください。
蛍をライトで照らしてしまったり、フラッシュを焚いて撮影したりすると蛍が驚いて隠れてしまいますので蛍を怖がらせないようにしてください。
蛍を捕まえて連れて帰るのも良くないです。
蛍が生息する環境を守るためにも、ゴミなどはきちんと持ち帰りましょう。
また来年もホタル狩りができるような環境を守るよう心がけて楽しみましょう。