今年も梅雨の時期がやって参ります。
雨の日の外出時にはレイングッズが必需品です。
大人にとっては雨の日のお出かけは億劫でも、小さな子供にとっては雨の日のお出かけはいつもと違う大冒険です。
いつもと同じ道を行くお散歩だって、雨の日だと新鮮な発見があります。
そんな時に大活躍なレイングッズをご紹介します。

これがないと始まらない!レインブーツ


子供って、水たまりが好きですよね。
筆者にも3歳の娘がいるのですが、水たまりは大好きです。
雨の日はわざわざ水たまりを選んで歩きます。
水たまりから水たまりへと歩いて行くので、雨の日だけでなく雨上がりの日もレインブーツは必需品です。
レインブーツは普通の靴より重さが出やすいですので、なるべく軽いものを選んであげたいですね。
また雨の時しか履かない靴でもありますので、気づくとサイズアウトしやすい靴です。いつもより1センチ程度大きめの物を購入して中敷をひいて調節するのも良いです。
水たまりの中をたくさん歩くと、レインブーツの表面が汚れや黄ばみで変色しやすいです。
長靴を使ったら、きれいにしてからしまいましょう。
お気に入りのレインブーツを少しでも長く快適に履いてもらえるように、ママの腕の見せ所ですね。

よちよち歩きを卒業した小さなお子さんにはコレ!レインロンパース


ロンパース型のレインコートです。
外歩きができるようになった、1歳から2歳くらいの子にピッタリなレイングッズです。
股下がスナップボタンで留められる、ロンパースの形をしていますので全身スッポリとレインコートに包まれます。
水たまりの水が跳ねても大丈夫です。
万が一転んでしまっても雨水から守ってくれるので安心です。
雨の日だけでなく、お砂場遊びや泥んこ遊びのお供にも最適なレイングッズです。

ロンパースを卒業したら!レインポンチョ


レインロンパースを卒業すると、今度はどんなレインコートを着せるか迷ってしまいますね。
レインロンパースを卒業したお子さんにおすすめなのはポンチョ型のレインコートです。
イヤイヤ期でも着脱がしやすい形をしています。
自分で袖を通すのも、コート型のレインコートよりもポンチョ型のレインコートの方が余裕があるのでやりやすいです。
通気性も良いので、ジメジメするこの季節でも蒸れづらいです。
リュックやポシェットをした上から羽織ることができますので、荷物も濡れずに済んで便利です。
まあるいフォルムが可愛くて、一生懸命に親の隣を歩く姿が癒されます。

レインポンチョの次は!コート型のレインコート


一人で傘をさして歩けるようになってきたら、ポンチョ型でなくコート型のレインコートがおすすめです。
ポンチョ型のレインコートでは傘を持つと手元のレインポンチョがめくれやすかったりしますが、コート型ならその心配はありません。
しっかりと袖を通していますので、ポンチョ型に比べてより活発に動きやすいレインコートです。
コート型でも、リュックやランドセルを背負った上から着られる物も数多く販売されています。
専用の収納袋がついている物ならば、遠足の時にも持って行きやすいですね。

レイングッズが大活躍の梅雨の時期はもう目前に迫ってきています。
ジメジメして嫌な季節ですが、お気に入りのレイングッズと子供達の笑顔と共に頑張っていきましょう。